その「投資の鉄則」本当に大丈夫?

 

今週の週刊ダイヤモンドの特集は「 投資の鉄則 高値圏でも買っていい株・投信 」でした。さすが、日経225が2万円台を固めている時期にタイムリーな話題ですね。ちょっと危機感を覚えてしまいます(笑)。

 

 




今回のメインは「初心者も経験者も必見!投資の鉄則7カ条」でした。山崎元氏・竹川美奈子氏・大江英樹氏の3者による投資指南でしたが、内容は相当???でした。



山崎元氏は良識ある経済評論家だと思いますが、ちょっとセンスが無い感じがします。あまりに万人向けのセオリーであるため、投資の「エッジ」を全く感じることができないのです。



今回挙げられている投資の鉄則は下記の7つです。

  1. 長期保有が前提なら投資はいつ始めてもいい
  2. いきなり商品を選ばない。まずは資産配分から考えよ
  3. 「買い値」にこだわるな
  4. ラップ口座はやめておけ
  5. 他人の話をうのみにする人は失敗する
  6. アドバイスをもらう相手から商品を買ってはいけない
  7. DCは期待リターンの高い商品、NISAは国内ETFがお薦め



まず、上記の①③は論外、②は机上の空論だと思います。④⑤⑥は妥当ですが、⑦は同意できません。詳しくは週刊ダイヤモンドを精読して欲しいのですが、下記に私見を述べさせていただきます。



①③は論外なので②からなのですが、全く投資の経験が無い人が資産配分を考えることはかなり無理があります。そして、資産配分は理論的には最も重要ですが、どちらかといえば「負けないための」戦略です。



⑦に関してはNISAで国内ETFを推挙する理由が分かりません。どう考えても、カントリーリスクを回避できるVTのような世界株ポートフォリオの方が優れていることは論を待ちません。



株式投資に関しては、どうも週刊ダイヤモンドはエッジが利いていない印象を受けます。出版業なので万人向けの無難な記事になるのは理解できるのですが、もう少し読み応えのある記事を期待したいものです。



コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    KB (日曜日, 24 5月 2015 15:42)

    たしかにセンスがないですね。この人自体、投資したことがないことが伺えます。只の評論家ですね。

  • #2

    zero-rich (水曜日, 27 5月 2015 17:42)

    確かに自腹を切って本格的な投資をしたことはなさそうな雰囲気ですね。良心的な意見をおっしゃられるので、好感度は高いのですが・・・。

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター