電力株の検証からの気付き

 

私は2012年7月~11月に電力株を大量に購入しました。しばらく鳴かず飛ばずだったのですが、最近になってようやく株価が復調してきました。



日本株式全体では、中国やギリシャ問題のため株価は乱高下しています。そんな中、私のポートフォリオの20%ほどを占める電力株だけは順調に推移しています。



投資を開始して3年目でようやく芽が出てきたのですが、現時点での投資成績を評価してみました。下表の右の数字は購入価格に対する7.24の終値ベースの評価です。



  東京電力 1.99
  中部電力 1.96
  関西電力 1.77
  中国電力 1.90
  北陸電力 2.19
  東北電力 3.26
  四国電力 1.98
  九州電力 2.06
  北海道電力 2.41
  電源開発 2.49



購入価格の3.26倍と東北電力のパフォーマンスの良さが光りますが、残念ながら200株しか所有していません。東京電力と東北電力はリスクの高さのため、電源開発は高株価のため所有株数が少ないのです。



今回の電力株投資を検証した結果、やはりリスクが高い銘柄のパフォーマンスが光っていることが分かります。東京電力が1.99倍と低いパフォーマンスであるのは、怖くて購入時期がかなり遅かったためです。



東京電力に関しては株価的にはまだ現時点でも購入するチャンスがあるのかもしれませんが、賠償金の問題のため買い増しには二の足を踏んでしまいます。



ここで思い切って踏み込んでいくのがハイパフォーマンスへの道なのかもしれませんが、どうもそこまで私には度胸は無いようです。円の減価とともに賠償負担が軽減される可能性もあるのですが・・・



以上をまとめると、10銘柄中1~2銘柄ぐらい破綻しても、購入価格が安ければ全体でみれば十分に利益を出せることを再認識しました。やはり投資では「絶対損するのはイヤ!」では儲けられないようです。



コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    お初 (火曜日, 22 12月 2015 03:59)

    2016年3月の電力自由化と2020年の送電自由化で
    電力株も旨みがないように思いますがどうでしょうか??

  • #2

    zero-rich (土曜日, 26 12月 2015 14:06)

    買値が安価なので、2016年3月の電力自由化や2020年の送電自由化などは小波程度の影響だと考えています。「投資は買値で決まる」だと思います。

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター