自分をレアアイテム化しろ!

 

2015.8.22号の週刊ダイヤモンドで興味深い特集がありました。子供の教育に関する特集なのですが、その中で藤原和博さんがおっしゃられている「自分をレアアイテム化しろ!」がとても印象的でした。

 




特集記事の中で、さまざまな職業が時給換算で比較されていました。そして、最上位の世界的コンサルタントの時給80000円から、最低限のアルバイトの時給800円まで約100倍の差があるそうです。



藤原さん曰、世界的コンサルタント(時給80000円)や医師・弁護士(時給30000円)などの時給が高いのは、職業の難度が高いためではなく就労数が少なく「希少」なことが理由だと述べています。



これはまさにその通りだと思います。医師や弁護士は国からの規制で数が制限されているため数が少なく「希少」な存在です。このために時給が高くなり、その高い時給に引かれて人気が集中します。



人気が集中するため、限られたパイをめぐって激烈な獲得競争が生じることで職業の難度が上がってしまいます。このように「職業の難度が高い→希少」ではなく、「希少→職業の難度が上がる」が正解なのです。



このようなことから導き出されることは、「皆と同じことをしない」ことが重要となります。皆と同じだと希少性が無くなり、価格競争に巻き込まれてしまいます。



私の持論はまさにこの通りで、社会に出てからはできるだけ人と違うことをするように心掛けています。ただし、このことは学生時代には当てはまらないと考えています。



こう言うと今回週刊ダイヤモンドの特集記事と反対になるのですが、現在日本では東京大学や国公立医学部などの最難関に合格するために必要な労力と、得られるメリットの間に大きな乖離が生じています。



極端に言うと、ちょっとがんばっただけ(※)で難関大学に合格できるので、「やらないと損」な状況が出現しているのです。30年前と比べて難関大学の定員は変わらないのに受験者数は半減しているからです。



  ※ 約1500~2000時間の勉強時間で合格圏内に到達します



ちなみに、今回の特集でも少しだけ触れられていましたが、時給8万円の上には、時給換算不可能な領域が広がっています。最終的にはこの領域を目指して切磋琢磨するべきだと私は考えています。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター