ブラジル投資の是非を検討

 

先日、クローズの会で金融資産投資についての講演を行いました。相変わらず喉が弱くて後半戦は結構大変でした。その後の懇親会で、ブラジルへの投資について意見を求められました。

 

 

米国の利上げ観測や中国の景気低迷のためにブラジルを始めとする新興国は軒並み経済が良くないです。このため株価や通貨もかなり売り込まれています。

 

 

私自身は新興国についてあまり興味が無かったので、意見を述べるほどの知識を持ち合わせていませんでした。そこで帰宅後にブラジルの株価指数と通貨のチャートを調べてみました。

 




まず、ボベスパ指数のETFであるEWZの15年チャートですが、上記のようにかなり下げています。ただ、資源安のピークであった2002年の最安値である5.79まではまだまだ差があるようです。



 

 

一方、2008年に日本でも東証にブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信(1325)が上場しています。流動性が低いのが難点ですが、わざわざNYSEまで出かけていかなくても購入できるのがありがたいですね。

 

 

EWZのデータとの比較で2002年レベルにボベスパ指数が下落すると、ボベスパ連動型上場投信が29円となる計算です。そこまで下落するとは考えにくいですが、まだ投資開始するのは時期早尚である印象です。



 

 

次にブラジルの通貨レアルの20年チャートです。レアルは1994年から導入されています。レアル円は資源安のピークとほぼ同じレベルにまで下げているようです。これは確かに「買い」かもしれません。

 

 

問題点は、レアルを購入することは非常に難しいことです。まずFX業者でレアルを扱っているのは、2015.10.10時点でIG証券のみです。ネット銀行のいくつかは外貨預金を扱っていますがスプレッドが大きい!

 

 

大証に上場していたレアル連動上場投信(ETF)は人気低迷のため上場廃止になっています・・・。NYSEarcaにはBZFというETFが上場していますが、コレも流動性に難ありです。

 

 

結論を述べると私の投資基準ではブラジル株式購入は時期尚早、ブラジル・レアルには投資妙味がありそうです。しかし、現時点では残念ながら日本からブラジル・レアルに投資する手段がほとんど無いです。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター