不動産賃貸業界からそろそろ撤退か

 

先日、不動産賃貸関係のセミナーに出席してきました。2部構成だったのですが、前半のテーマは競争力のある新築マンションで、後半は空室対策でした。

 

 

いずれも、レベルの高い講演内容だったので聴講した甲斐があったのですが、セミナー終了後の感想は「これはちょっとマズイことになってきたな」でした。

 

 

これだけハイレベルの新築計画や空室対策を行わなければならないほど、不動産賃貸業界の市況が悪化しているのかと感じたからです。確かにこれだけやれば高い入居率を維持することも可能でしょう。

 

 

しかし、供給過多でレッドオーシャン化した市場で、参加者が血で血を洗う戦いを延々と繰り広げる図は気持ちの良いものではありません。更に不動産賃貸業は装置産業なので撤退は容易ではありません。

 

 

個人レベルでは物件を売却することによって、不動産賃貸市場から撤退することは可能です。しかし、物件そのものはその地に残り続けるので、市況が改善することはありえないです。

 

 

私はビジネスを行うのであれば、参入障壁が高くて競争の少ない業界を志向しています。私のビジネスはこの条件に当てはまるものばかりですが、どうも不動産賃貸業はこの条件に当てはまらなくなってきました。

 

 

まだ私が物件を所有しているエリアは恵まれていますが、昨今の相続税対策の物件過剰供給で需給関係が悪化する気配を感じます。このままではレッドオーシャンでの戦いに引きずりこまれません。

 

 

これに対する答えは各人それぞれでしょうが、私の出した答えは「住居系の不動産賃貸業からの撤退を視野に入れる」です。実は、都市中心部の物件以外は、9月末日で売却が完了しました。

 

 

2013年から3年ほどかけて5物件を売却しきったのです。このため、現在の私の不動産ポートフォリオでは、住居系の比率がかなり低くなりました。

 

 

私は地主系ではなくゼロから始めているので、不動産賃貸業そのものに対するこだわりはあまりありません。レッドオーシャン化した市場にいつまでも留まって、激烈な戦いに身を投じる意志はないのです。

 

 

先日のセミナー後の懇親会では、この考えを言いそうになりましたがこらえました。参加者は全員不動産オーナーですから、そんなことを漏らすと袋叩きになりそうだったからです(笑)。

 

 

しかし、私は永久保有を決意している希少立地の物件に関しては、粛々と不動産賃貸業からの離脱を進めています。不動産=住居系賃貸業ではありません。次のステージへ模索を続けようと思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター