手を抜き過ぎるのは考えモノ

 

先日、手痛い失敗をしてしまいました。今期の最初の方で売却した物件で未収金があることが発覚したのです。不動産業者の作成した明細を妄信していたため決算月まで気付きませんでした。

 

 

そこそこの金額だったのでダメージが大きいです。そして金銭的なダメージもさることながら、メンタル的なダメージの方がさらに大きかったです。

 

 

私は、いくつかの事業を同時並行的に展開しているため、自分の時間を極限まで効率化することを目指しています。このため、特に誰でもできる単純作業は外注することにしています。

 

 

金銭の計算は、神経を使う割には儲けることにはつながりません。このため、ついつい人任せにして最後のチェックを怠ってしまうようになっていました。

 

 

今回の未収金は回収不能となりそうな雲行きです。検証すると小さなミスの積み重ねが今回の失態の原因となっていました。しかし、不動産業者さんばかりを責めるわけにはいきません。

 

 

最後のチェックを怠った私が悪いからです。外注することに傾注するあまり、金銭の確認という大事な業務まで人任せにしていたことが最大の原因です。

 

 

今回の失敗を挽回するために費やさなければならない時間を考えると憂鬱になりますが、ここまで手痛いメンタルのダメージを負うと、さすがに同じ過ちは犯さないと思います。

 

 

失った金銭は痛いですが、今後の人生で失敗するであろうことを未然に防ぐことにつながると前向きに考えることにしました。これからは事業の構築に加えて、金銭の管理も自分の仕事に再度加えるつもりです。

 

 

こじんまりとやっていた初期の頃は、経理まですべて自分でやっていました。しかし、事業規模が拡大するにつれてどんどん自分の仕事を考えることに特化し過ぎたようです。

 

 

しかし、事業を行う目的は金銭を稼ぐことです。その目的物の管理を人任せにした時点で、失敗の種が蒔かれていたのです。くじけずにがんばろう・・・

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター