何から手をつけるべきかを考える

 

最近、とにかく忙しい毎日を送っています。その理由は、新規事業にかかる時間が多すぎるからです。新規事業ではうまくいくことはめったにありません。大抵、どこかで問題が発生します。

 

 

新規事業は、その分野では初めての経験ばかりなので、何かトラブルが発生すると資料や情報収集から始めることも多々あります。これじゃ、いくら時間があっても足りませんね。

 

 

しかし、現状のまま留まっていても進歩がありません。変化の激しい今の世の中で、変化を拒否する姿勢は長期的には衰退につながります。座して死を待つのは嫌なので、私はどんどん前に進もうとしています。

 

 

そのような半ば脅迫概念(?)に取りつかれて新規事業を立ち上げているのですが、現在は下記の3つの事業に取り組んでいます。

 

  1. 某専門領域に特化した顧問業務
  2. レンタルスペース
  3. 民泊→旅館業への転換

 

 

①はかなり事業が進んでおり、すでに本店を構えているエリアの市場を押さえています。年末にかけて隣県に進出する予定ですが、急激に増えた顧客対応と新規事業の開拓を両立できるのかを判断できずにいます。

 

 

まさに、これからが正念場です。友人と二人で立ち上げたビジネスですが、そろそろ本格的に外部の人間を、実際のオペレーションに組み込む判断が必要な時期に差し掛かりました。

 

 

②は既にハコが完成しています。あとはソフト対応ですが、これは主にレンタルスペースのコンセプトとオペレーションの仕組み造りに大別されます。

 

 

私は走りながら考える派なので、準備が完全には程遠いものの、11月末から稼働開始予定です。最初はきっと失敗の連続でしょうが、怖がらずに踏み込んでいきたいと思います。。。

 

 

③は、最後の見積もり待ちです。オペレーションは既に出来上がっているのですが、民泊と営業許可を取った旅館業では対面業務が追加で必要となります。

 

 

いかにして安価に対面業務を追加するかが腕の見せ所です。本当は民泊を完全に止めようと思っていたのですが、ここにきての予想外の円安です。「外貨資産」としての宿泊業に再注目しています。

 

 

このように毎日が決断の連続で少々疲弊しています(笑)。つい、頭脳を使わない楽な作業に流れがちです。しかし、心を鬼にして、長期的に重要なクリエイティビティの高い業務を最初にするようにしています。

 

 

我ながら、ストイックだなぁ

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター