個人向け日本国債の評価は、両極端に分かれている印象です。大雑把に言って、一流投資家と素人の評価は高く、そこそこ自分で資産運用しているが一流投資家の領域には至っていない方の評価は低い傾向にあります。

 

 

それぞれ下記のような理由により評価が分かれるものと推察します。

 

  • 一流投資家: 変動10年型国債に関しては、極めて投資家に有利な制度設計がなされており、損失を被るリスクが非常に低いと考えている

 

  • そこそこの投資家: 日本の財政は火の車であり、その日本国が発行する国債を購入することは非常に危険であると考えている

 

  • 素人: ”国債”なので日本国の保障がついており安全と考えている

 

 

各投資主体の間で、かくも大きな評価の違いを認めるのには、それなりの理由があります。この違いを理解するためには、まず「個人向け国債」の種類と商品特性を理解する必要があります。

 

 

個人向け国債は下記の3種類であり、商品構成が非常にシンプルです。

  • 固定3年
  • 固定5年
  • 変動10年

 

個人向け国債固定3年と固定5年は、満期まで金利が変わりません。3種類の個人向け国債はいずれも1年経過すれば中途解約できます。3種類の国債とも、ネット銀行の定期預金の金利を下回ることが多いので、金利面での優位性は高くないと考えます。

 

 

したがって、固定3年・固定5年を選択する意味はあまり無いのです。しかし変動10年に関しては極めて特殊な制度設計がなされているので、購入を検討する価値があると考えます。変動10年のメリットは下記のごとくです。

 

  1. 元本割れが無い
  2. 金利の下限が設定されている上に、変動なので金利上昇にも強い
  3. 投信に比べて、コストがかからない

 

 

①は、10年国債とは言うものの、1年経過すれば中途解約できます。通常の国債の場合、中途解約すればそのときの時価で評価されるので、価格が下落していれば元本割れが生じます。

 

 

しかし、個人向け国債変動10年は、解約時に直近2回分の税引き後の利息をペナルティとして支払えば元本を毀損することがありません。つまり1年経過すれば、どのタイミングで解約しても元本割れはしないのです。

 

 

②は、最低金利が0.05%と決まっているので、この金利を下回る低金利状態が続いても、最低金利は保証されます。一方、金利が上昇すると、半年ごとに金利が変更されるので、金利上昇にも対応できるのです。

 

 

金利の下限が保証され、かつ金利上昇の恩恵も得ることができる極めて有利な商品です。 ここまでの条件だけでも他に例を見ない極めて有利な商品設計なので、機関投資家に開放されれば申し込みが殺到すると言われています。

 

 

③は、投資家の負担するコストが実質ゼロです。国債を販売する金融機関は、国から0.5%の手数料を受け取りますが、投資家からは手数料を徴収しません。一方、日本国債を組み入れている投資信託は、平均で販売手数料が1%、信託報酬が0.5%程度かかります。

 

 

投資信託のパフォーマンスを下げる大きな要因は毎年の信託報酬なのですが、これが実質ゼロなのは投資家にとって非常に有利に働きます。

 

 

このように長期的な視点から見ても、個人向け国債変動10年は円建て資産の中では、国債下落(暴落)時も含めて最強の金融商品といえるのです。1年以上使い道の無い現金に関しては、個人向け国債変動10年を購入することがベストな選択枝だと思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター