ここでは、最も取り組み安いリスク資産である日本株式についてお話します。ひとくちに株式投資といっても、投資期間だけみてもデイトレード(ミニッツトレード)から長期保有まで幅広く存在します。

 

 

また、チャート重視のテクニカル派なのか、企業の業績重視のファンダメンタルズ派なのかでも、アプローチが全く異なります。巷には非常に多くの投資手法が出回っていますが、利益を上げているのはごく一部の人だけだそうです。

 

 

管理人の得意な投資手法は、「逆張り+超長期投資」です。両者とも一般的には最も否定されている戦略です。特にバブル崩壊から20年も下げ続けている日本市場で、逆張り+超長期投資を行うことは自殺行為だと思われています。

 

 

確かに何も考えず売買を行っていると、膨大な損失を積み上げてしまいます。管理人が日本株式を購入するのは、市場が断末期の悲鳴をあげているときです。具体的には、NHKのニュース7のトップニュースで株安が報道される時期です。

 

 

購入目的は配当です。このため、必然的に超長期の投資となります。10年以上持ち続けている株も多数あります。購入する際には徹底的に財務諸表を熟読します。また事業形態がストック型の企業を主な投資対象にしています。

 

 

上記のような戦略で購入するので株価が安くなればなるほど、どんどん買い増していきます。傍からみれば単なるナンピン買いにしか見えませんが、管理人にとっては配当を得る権利を格安で購入しているのです。

 

 

この戦略を継続すると、下げ相場のときには、含み損がどんどん積み上がっていきます。しかし、一旦株価が底をうつと急激に資産が増大します。こうなってくると、配当収入と資産価値増大で2度おいしいことになります。倒産する可能性が極めて低いストック型の企業を買い下がっていくことは、リスクが低くて勝率の高い方法なのです。

 

 

そうは言っても実際にこの手法を実行すると、とてつもないストレスがかかってきます。どんな分野でも言えると思いますが、全く苦労無くお金儲けできることはありえません。とにかく何があっても株式市場に踏みとどまっていると、経験値があがり自分にあった投資スタイルが確立されると思います。 

 

 

 

 

上記の本は、管理人が2002年に購入した本ですが、今まで読んだ中で一番まとまっている良本だと思います。2003年5月の底に向かう長い下落相場での精神的な頼りでした。古い本なので中古購入になりますが、アマゾンで1円から購入できるようです。

 

 

 

 

・ 株式

・ 日本株式

・ ETF

・ 海外株ETF

・ 海外REIT

・ J-REIT投資体験記

・ 電力株投資の考察

・ 長期保有前提の株式が暴騰したら?

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター