2016年

1月

30日

ついに産金株が水面上に浮上!

 

今年に入って金価格のラリーが続いています。株式市場は世界中で総崩れの状況ですが、金価格および産金株は逆行高です。FRBが利上げを中止することが最大の要因です。

 

 

そして、この産金株への追い風を受けて、今月末時点でついに私のポートフォリオで産金株の時価評価が水面上に顔を出しました。投資記録を確認すると、私は2013.5.15に産金株に参戦していました。

 

 

実に2年8ヶ月ぶりに産金株の時価評価がプラスになったのです。これだけ長い間マイナス評価に甘んじていたとは、バカじゃないのか? と思う方がほとんどではないでしょうか(笑)。

 

 

しかし、私は大まじめで産金株の対する逆張り投資を敢行しているつもりです。それにしても2年8ヶ月も水面下に沈んでいたのは、今回が初めての経験です。

 

 

2013.5.17のブログ記事を読むと、当時の見通しが非常に甘かったことが良く分かります。私が参戦した時点で「非常に安い」と判断した産金株の株価水準は、現在と比べてかなり高いです。

 

 

今回の産金株投資で種を蒔いたのは2013.5.15で、本格参戦したのは2015.8月上旬です。そして、時価評価がプラスに転じたのは2016.1月下旬なので、実質的には6ヶ月間の戦いでした。

 

 

私の過去の投資経験では、J-REITや電力株でも同じような経過をたどっています。本格参戦からおおよそ半年前後でユニット数がほとんど増えなくなりました(=株価が底をうった)。

 

 

もちろん、産金株の時価評価がプラスに転じたといっても、まだ3%程度水面上に顔を出しているに過ぎません。株価の見通しは本当に分からないので、週明けに再び水面下に沈んでもおかしくないです。

 

 

それでも、株価の下落とともに規則的に買い下がっていくスタイルの投資において時価評価がプラスに転じるということは、その投資が終了しつつあることを示唆します。

 

 

感情的には、もう少しユニット数を増やしたいところですが、長期にわたって金融資産投資で生き残っていくためには、できるだけ感情を排して機械的にトレードすることに徹する必要があります。

 

 

心の中では産金株が再度下落トレンドに突入することを祈りつつ、相場を見守っていきたいと思います。

 

 

0 コメント

2015年

8月

08日

まずはバリックを狙い撃ち!

 

先日、産金株に本格参戦したことをご報告しました。ドル資金の調達に少し手間取ったため、産金株の本格購入は昨夜のニューヨーク市場となりました。

 

 

まずは、以前から照準を合わせていたバリック・ゴールドです。昨夜のニューヨーク市場ではオープニングからバリックは高値スタートでした。しばらく見ているとあれよあれよと高値更新です。

 

 

これは買えなくなるなと少し焦って、7.10ドルで700株と7.29ドルで400株というふうに2回に分けて購入しました。購入後は7.38ドルまで高値になったので、その日はそのまま寝てしまいました。

 

 

そして、今朝バリックの株価を確認すると、7.06ドルでした。全然冴えていません(笑)。やはり、事前に決めた指値購入が王道ですね。今回は少し焦って感情にまかせて購入してしまいました。

 

 

何はともあれ、すでにバリック・ゴールドの所有株は1400株に上ります。日本円換算で約120万円程度です。私は一銘柄あたりの上限を400万円程度に設定しています。

 

 

バリックの購入予算はまだまだ余裕がありますが、これからは10%ずつの株価に刻んで購入しようと思います。ちなみに次回は、7.00×0.9=6.30ドルで1000株ほど購入予定です。

 

 

どこまで株数を増やすことができるかは現時点では判断できませんが、目標は3000株ぐらいかなと思っています。週明けのニューヨーク市場ではバリック以外の産金株を物色しようと思います。


 

0 コメント

2015年

8月

06日

産金株に本格参戦!

 

産金株が断末期の悲鳴を上げています。商品市場で金の下げが止まらず、また米利上げ期待やドル高などで、金は見切り売りが強まっています。このため、産金株も売りが止まらない状況です。

 

 

産金株は下記のような銘柄が代表です。いずれもNYSEに上場しています(ADRも含む)。

 

  1. バリック・ゴールド(ティッカーシンボル:ABX)
  2. ニューモント・マイニング(ティッカーシンボル:NEM)
  3. ゴールドコープ(ティッカーシンボル:GG)
  4. アングロゴールド・アシャンティ(ティッカーシンボル:AU)
  5. キンロス・ゴールド(ティッカーシンボル:KGC)

 

 

特にABXの下げ方は醜く、この1年間で64%も株価が下落しており、実に1989年来安値まで売り込まれています。私はABXを200株所有していますが、すでに購入価格の40%程度しかありません(笑)。

 

 

産金各社は、リーマンショック後の米ドル価値の揺らぎによる金価格高騰の際に増産を計画しました。増産を実行に移すまでにタイムラグがあるため、金価格が天井をつけた後も増産計画は続行されました。

 

 

3年におよぶ金価格の下落で、いまようやくプロジェクト中止のニュースが見られるようになりましたが、本格的な生産調整が始まるのは今年からです。

 

 

金価格の低迷で産金各社の業績は暗転しています。リーマンショック後の金価格高騰の際に、買収や金鉱への積極投資などで借入金を大幅に増やした企業が多く、それらの企業は負債の圧縮に苦しんでいます。

 

 

米国の利上げを控えて金価格の長期低迷が予想されます。これからも産金各社の苦境が続くことが予想されるため、負債額の大きいABXを筆頭に株価が急落しているのです。

 

 

少なくとも数年間は産金会社の業績が改善する気配が皆無であるため、体力を削りながら縮小均衡に持ち込むための産金会社間のサバイバルレースが始まっています。

 

 

ここまで悲観的なことを述べてきましたが、なんと私は8月6日の未明にABXを6.77ドルで100株購入しました!おまえは気が狂っているのか?と思う方も多いと思いますが、産金株に本格参戦するつもりです。

 

 

調べれば調べるほど株価が上がる要素が見当たらず、お先真っ暗な業界です。買ってから更にブルーになりましたが、超長期逆張り投資家としては、ここからが精神力の見せ所です。

 

 

2002年のブルーチップ、2009年のJ-REIT、2012年の電力株に続く絶好の格安資産取得のチャンスなのか、はたまた投資資金を全て溶かしてしまうのかは分かりませんが、今回もチャレンジしたいと思います。


 

2 コメント

2013年

7月

03日

金鉱株に突っ込もうと思います。

 

金価格の下落につられて、金鉱株も下落しています。代表的な金鉱株であるバリックゴールド(ABX)とニューモントマイニング(NEM)も先週は下落幅を拡大しました。

 

 

管理人の買値よりも既に30%超下落しています。2013.6.28終値でABXはPER 5.1、PBR 0.7、配当利回り 5.08%とかなり売り込まれています。

 

 

金価格の下落を見極められなかったので今まで様子見を決め込んでいましたが、そろそろ購入を再開していこうと考えています。かなり購入を我慢していたので、ABX・NEMとも値頃感があります。

 

 

不動産の決済も無事終了したので、しばらくは現金を積み上げようと思っていた矢先なのですが、なかなか思うように現金を貯蓄できそうにありません(笑)。

 

 

 

 

0 コメント

2013年

5月

18日

金投資に対する管理人の意見総括

 

現在の金鉱株価格の水準が金現物と比べて割安なのか? のつづきです

 

 

アメリカのITバブル崩壊に端を発した危機の連鎖が、サブプライム危機に至り、現在の世界的な金融緩和が持続しています。各地域とも異常な金融緩和から抜け出せなくなっており、見方を変えれば既に通貨価値の下落は始っていると考えられます。

 

 

これはつまり、インフレ時代の到来を意味します。インフレ時代では独占的な資源企業の価値が上がります。希少資源へのアクセスを独占することで価格決定権を握っていることが企業価値を高めるのです。

 

 

しかし金の需要の内訳は、ジュエリーが40%、投資目的が40%、中央銀行による金購入が15%といわれています。つまり、人間は生活していく上での必需品ではないのです。

 

 

この辺りの金に対する判断をどうするかが、来るべき世界的なインフレ時代(=通貨価値下落)における金投資の是非が決まると思います。管理人は、2013.5.17終値時点では金鉱株は割安な水準にまで下落していると判断しています。

 

 

将来へのタネ撒きとして、5.15のNYSEでABXとNEMをそれぞれ100ユニットずつ購入開始しました。 株価が下がれば10%ずつの幅で難平買い予定です。

 

 

※ あくまで管理人の私見です。投資判断は自己責任でお願いいたします。

 

 

 

0 コメント

2013年

5月

17日

現在の金鉱株価格の水準が金現物と比べて割安なのか?

 

金 vs 金ETF vs 金鉱株 のつづきです

 

 

金鉱株と金現物(ETF)の関係も経時的に変化します。「ドルの崩壊と資産の運用」の著者ジェームス・タークによると、金鉱株と金現物のどちらを購入するべきかの指標としてフィラデルフィア・ゴールド&シルバー指数(XAU)を買うのに必要なゴールドグラム数を提唱しています。

 

 

XAUを一単位購入するのに6ゴールドグラム以下の場合には、金鉱株は割安だと言えるとのことです。2013.5.10現在、XAUは108.52ドル、1グラムあたりの金価格は46.56ドルなので、XAUの価格は2.33ゴールドグラムです。

 

 

ジェームス・タークの考えでは、現在の金鉱株価格は金現物に比して割安という判断となりますが、この原因が採掘にかかるコスト上昇である可能性が高いことに注意が必要です。

 

 

金投資に対する管理人の意見総括 につづく

 

 

0 コメント

2013年

5月

16日

金 vs 金ETF vs 金鉱株

 

金鉱株投資の注意点は? のつづきです

 

 

管理人は、金現物について①重くてかさばる ②利子や配当も生まない ③貸金庫代までかかる ④売買手数料が割高 と考えているためどちらかといえば金鉱株の方がいいかなと漠然と考えていました。

 

 

今でも4kgの金延板を貸金庫に所蔵していますが、小さな貸金庫なので、邪魔になって仕方ありません(笑)。これに比べて金鉱株は配当までつくのでいいこと尽くしのように思えます。

 

 

一方、金ETFの場合には金現物が持つ、維持管理費や盗難リスク、売買手数料の割高さといった欠点は解消されています。問題点は、本当に金現物に裏付けられた証券であるかどうかという点です。

 

 

金現物(ETF)と金鉱株の比較では、純粋な投資の観点からどちらの投資対象がより望ましいのかは微妙なところだと思います。判断材料のひとつとして、現在の金鉱株価格の水準が金現物と比べて割安なのかどうかということです。

 

 

現在の金鉱株価格の水準が金現物と比べて割安なのか? につづく

 

 

0 コメント

2013年

5月

15日

金鉱株投資の注意点は?

 

金投資の方法 のつづきです

 

 

さて、金に対する投資を検討するときには大きく分けて下記のような3通りの方法があります。

 

  1. 金の現物買い
  2. 金ETF
  3. 金鉱株(個別銘柄もしくは投信)

 

---------------------------------------------------------------

 

③は従来から議論のあるところですが、純粋な金とは少し異なる要素があります。産金会社は、新しい金鉱脈を見つけて生産により確認埋蔵量が減少するのを補う必要があります。

 

 

仮に新しい金鉱脈が見つからなければ、超長期的には自分の足を食べるタコのように産金会社の価値はゼロに向かって収束していくのです。

 

 

そして、産金会社は新しい金鉱脈を発見するのに苦労しています。つまり産出される金のグレード(品質)は下がった一方で、採掘にかかるコストは上昇、結果としてマージンが圧迫されたため、金価格の上昇ほどには、金鉱株は上昇しない現象が発生しているのです。

 

 

金 vs 金ETF  vs  金鉱株 につづく

 

 

0 コメント

2013年

5月

14日

金投資の方法

 

4月の金価格急落から1ヶ月が経ちました のつづきです

 

 

さて、金に対する投資を検討するときには大きく分けて下記のような3通りの方法があります。

 

  1. 金の現物買い
  2. 金ETF
  3. 金鉱株(個別銘柄もしくは投信)

 

日本においては従来①の現物買いがメジャーな方法でしたが、大量の金を保管するためには貸金庫等の維持コストが発生します。また、田中貴金属等で売買するためには割高な手数料を徴収されます。

 

 

2000年代に入って②の金ETFを利用できるようになりました。保有のための維持手数料が格安で、売買手数料も通常の株式と変わらないため、現物を所有する満足感に拘らなければ①よりも優れた投資手段だと思います。

 

 

金鉱株投資の注意点は? につづく

 

 

0 コメント

2013年

5月

13日

4月の金価格急落から1ヶ月経ちました

 

2013.4月中旬に国際商品市況が急落して、早1ヶ月が過ぎました。資源需給が急緩和に向かっているとの観測が一般的です。中国は自国内の不動産投機の抑制を最優先にしており、景気は二の次と考えているのです。

 

 

この商品市況の急落は、金・原油・銅とタイプが異なる代表的な商品市況が下落を主導しました。金の現物が急落したため、金鉱株も急落を演じています。

 

 

金鉱株といえば、バリック・ゴールド(ABX)やニューモント・マイニング(NEM)が代表的な銘柄です。これらの産金会社も金価格急落で業績悪化が嫌気されて株価が崩落しています。

 

 

日本の代表的な産金会社といえば、住友金属鉱山(5713)ですが、ABXやNEMほどの急落を演じていません。これは、同時期に円安が進行しているために円ベースでの下落幅が縮小していることと、他セクターの比重が高く、純粋な産金会社ではないことが原因だと思います。

 

 

ABXやNEMは最盛期の半値以下にまで下落しており、PER・

PBRとも割安になっています。最近の米国株高で購入機会を逸しているためドルを無駄に遊ばしているのですが、金鉱株が手頃な価格になってきたように感じており購入を検討しています。

 

 

金投資の方法 につづく

 

 

 

0 コメント

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター