海外株式の代表的な市場は、やはりNYSE(ニューヨーク株式市場)です。世界的な大企業の多くが、NYSEに上場しています。日本国内との情報格差を考えると、海外株式に投資する際にはETF が第一選択になります。

 

 

ETFの上場数も半端ではなく、テーマ別ETF・ショートETF・レバレッジドETFなど多種多様のETFが上場しています。 またADRを通じて、世界各国のブルーチップ銘柄に投資することも可能です。ETF投資については下記の本がよくまとまっています。

 

 

 

2000年代前半まではNYSEに上場する銘柄を購入するには、Interactive brokers (IB)やFirstrade等の米国の証券会社に口座を開くしか方法がありませんでした。

 

 

現在では、SBI証券 などで海外株式を取り扱っています。取り扱い銘柄数も1000銘柄を越えて充実してきています。メジャーな銘柄に関しては充分と思われます。

 

 

しかし、NYSEのマイナーな銘柄にも投資しようと思えば、今でも米国の証券会社に口座を開くしか方法がありません。その際には、下記書籍を参考にすればよいでしょう。

 

 

 

 

・ 外貨

・ MMF

・ FX

・ 海外口座

・ 海外ETF

・ 海外REIT

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター