FX(Foreign Exchange)は、本来は「外国為替」という意味で、日本円を売って米ドルを買うように、異なる国の通貨を交換することを言います。現在では、FX=外国為替保証金取引として浸透し、こちらの意味で広く使われています。

 

 

それでは、富裕層を目指す者はどのようにFXと関わればよいのでしょうか?まず、個人と機関投資家の対比を行ってみたいと思います。

 

 

個人が優位

・ 運用機関の定めが無い

 

 

機関投資家が優位

・ 常に市場を監視できる

・ 豊富な資金

・ 豊富な情報量

・ 豊富な経験量

 

 

言うまでもなく、個人と比べて機関投資家が圧倒的に優位です。特に通貨の世界はゼロ・サム・ゲームなので、個人が機関投資家と戦うことは圧倒的に不利です。したがって少なくともキャピタルゲイン目的でFXに安易に参戦することは、厳に慎むべきだと思います。

 

 

株式はまだノン・ゼロ・サム・ゲームですから、全員が勝つことも可能です(全員負けることもありえます)。それだからこそ長期保有も成り立つのですが、FXに関してはサービスを提供している会社の財務健全性も含めて長期保有戦略は成り立ちません。したがって、FXの位置付けとしては日本というカントリーリスクに対するヘッジ(保険)というスタンスが望ましいのではないでしょうか?

 

 

もちろん、自分なりのアルゴリズムを開発してシステムトレードに徹することで、短期間で巨大な利益を積み上げる方も、極少数ではありますが存在します。ただ、長期に渡って利益を出し続けることは極めて難しいことは理解しておくべきだと思います。

 

 

FX会社はたくさんありますが、下記に関しては比較的名前が通っており、安心して取引可能な会社だと思います。

 

 


 

 

FXのトレードをする上で、下記のような注意点があります。

 

  • ローリスク・ハイリターンという投資手法は無い
  • 継続していくことが重要であり、ハイリスク・ハイリターンでは市場から退場させられる
  • リスクを抑えなければ継続できない
  • したがってローリスク・ローリターンを継続することが戦略のひとつとなる
  • スキャルピング(数分~数十分)、デイトレード(1日)、スウィングトレード(数日)のうちで、成功しているトレーダーはスキャルピングが多い
  • 長期的な成功者がスキャルピングに多いのは、ボラティリティは少ない(ローリターン)が、リスクも少ないからである。
  • 相場 ⇒ ロジック構築 ⇒ 検証 ⇒ 資金を投入して検証 の繰り返し
  • 小さな利益を積み上げることが重要

 

 

上記は、主にスキャルピングの際に心掛ける事項です。尚、管理人はFXおよびスキャルピングを推奨しているわけではありません。

 

 

実際、スキャルピングを実行するには仕事と割り切って一日中PCの前に張り付いている必要があります。よほど稼ぐ能力が高くない限りは、時間対効果が悪いと考えます。

 

・ 外貨 

・ MMF

・ FX

・ 海外口座

・ 海外ETF

・ 海外REIT

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター