回線業者とプロバイダの選択はどうすればよいでしょうか。インターネットの自主導入を指導してくれた大家仲間の経験では回線業者はNTT、プロバイダは「ぷらら」または「BB.excite」がお勧めだそうです。

 

 

2012.11月現在、フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼はベストエフォートで通信速度が1G bpsのハイスペックで月額4200円程度です(各種割引適応後)。

 

 

これにプロバイダが500円~1000円程度かかるため、ランニングコストは4700円~となります。この程度の負担で「インターネットマンション」というウリができるので費用対効果は非常に高いと思います。

 

 

NTTは、フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼が1Gbpsも通信速度があり、マンションでの一括導入に適しています。通常はファミリータイプ(戸建用)で契約します。



しかし、私は既にマンションタイプのフレッツ光が入っているマンションに導入したので、ファミリータイプと比較して1000円程度安価になりました。

 

 

KDDI、電力系通信業者、J-COM等のケーブルテレビも回線業者として候補に挙がってきますがあまりお勧めできません。これらの通信業者は、1本の回線を多人数でシェアすることを認めていません。



つまり、NTTのみが黙認している状況なのです。一方、プロバイダの選択ですが回線業者がNTTという前提では「ぷらら」もしくは「BB.excite」が候補として挙げられます。

 

 

「ぷらら」は、月額料金が1000円を越えるため少し高めですが、利用者からのデータ大量アップロードに対して、フィルタで利用制限をかけて通常利用以外をさせない環境づくりが可能です。

 

 

「BB.excite」は、安さがウリで月額525円です。しかし、サポートサービスが充実しているとはいえず、基本的に自分で解決できる能力がある程度ある方にお勧めです。

 

 

 

 

・ インターネットを自前で導入

・ 総論

・ 回線業者・プロバイダの選択

・ 有線回線

・ 無線回線

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター