ここまで、自前でのインターネット導入を概説してきましたが、実際にどのようにして導入すればよいかを説明します。まず、各戸への回線の供給方式ですが、大きく有線方式と無線方式に分けられます。

 

 

有線方式は、共用部(もしくはMDF室)のハブから各戸へLANケーブルで供給する方式です。戸数によって回線を2本準備する必要がある場合もあるため、ウェブデザイナーなどにグランドデザインおよび実際に導入する際の初期設定を外注することをお勧めします。

 

 

また、LANケーブルを各戸まで配管に通す必要があるので、施工は電気業者に依頼する必要があります。LANケーブルは1Gbpsに対応するためにカテゴリー5e以上、できればカテゴリー6が望ましいです。

 

 

 

私の物件(ファミリータイプ9戸)で導入したのは下記の器機です。 ルーターは無線機能がついていますが使用しておりません(無線機能の無いルーターは珍しくなっているため、むしろ高額になります)。

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター