私は、2群の地銀がベストではないかと考えています。優良地銀(横浜銀行、静岡銀行、滋賀銀行など)であれば、ほぼメガバンクと同程度の有利な融資条件を提示するケースが多いです。営業範囲が狭いのが欠点ですが、広域に物件が分散しているケース以外ではあまり問題にならないと思います。

 

 

私が地銀がベストであると考える最大の理由は、地銀は地域に根差している金融機関なので、不動産経営が少々苦しくなってもいきなり梯子を外される可能性が低いことです。数億円程度の融資残高であっても、地銀にとっては破綻されると影響が大きいので無茶な対応はしないことが多いのです。

 

 

一方、メガバンクにとって数億円程度の融資残高はゴミ客でしかないので、マニュアルに沿った手順で処理されてしまいます。理由は異なりますが、この対応の仕方は日本政策金融公庫にも該当します。

 

 

日本政策金融公庫は国が出資する金融機関なので、貸し倒れに対して極度の拒絶反応を示します。普通の金融機関であれば任意売却等で手を打つケースでも、日本政策金融公庫は徹底的に回収を試みます。

 

 

ある意味、日本政策金融公庫は税務署と同程度の執拗さがあるので注意が必要です。 税務署や公庫と対峙するということは、野球に例えると三振というルールの無い打者を相手にするようなものです。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター