世界的に有名な不動産投資家である ドルフ・デ・ルースが言うように、富裕層で不動産と関わりの無い方はほとんどいません。富裕層研究の結果、下記のような結論に達したとのことです。

 

 

① 何らかの方法で富裕層に到達した後、資産の保全のために不動産を活用している

 

② 不動産経営(投資)を行い、財を築いて富裕層に到達した

 

 

①の場合には現金で不動産を購入するケースもありますが、通常は①であってもある程度の銀行融資を利用することがほとんどです。これは現金で購入する場合に比べて、レバレッジがかかるために資金効率が良くなるためです。

 

 

銀行融資は、不動産を購入するにあたってほぼ必須のアイテムとです。自営や会社経営をしている方であれば、それなりに銀行と取引があると思いますが、一般の会社員の方は銀行とお付き合いが無い方がほとんどだと思います。銀行取引について順次述べていきたいと思います。

 

 

※ 銀行に口座を持っている、定期預金をしている、公共料金の引き落としをしている等は、銀行取引ではありません

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター