銀行の内部事情ですが、収益構造として預金を貸し出すことで得る金利収入が柱です。しかし、現在の低金利下では利鞘が小さいため収益を生み出しにくいです。また、一般事業法人の業績悪化で貸出先確保が困難な状況が続いています。

 

 

このため、メガバンクは海外事業の強化を志向し、地銀と第二地銀は保全がしやすい賃貸不動産融資および住宅ローンの案件争奪戦を繰り広げているのです。

 

 

一方、銀行マンは融資・預金・投信販売のノルマが厳しいため、営業効率を上げるために営業エリアを限定しています。したがって特定業界のみを担当することは稀で、業界固有の事情などはあまり知りません。これぐらいは知っているだろうなどとは思わずに、質問には丁寧に答える姿勢が重要です。

 

 

 

 

 

・ 銀行融資

・ 好かれる経営者の条件

・ 銀行と上手に付き合う

・ 格付評価

・ 貸出金利

・ 銀行の内部事情

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター