最近、”インターネットで脱サラ”という夢を売る方が後を絶ちませんが、”ネットで稼ぐ”は本物なのでしょうか? 私は、”大多数の方にとっては本物ではない”が、”ごく少数の方にとっては本物である”と考えています。まず、”インターネットで脱サラ”というと、アフィリエイト収入を目当てのブログやホームページ運営が挙げられます。

 

 

このようなサイトはまさに星の数ほどあります。しかし統計上、月間売上5000円以上のサイトは約5%だそうです。原因としてはまずサイトのアクセス数が少ないことが挙げられます。更新頻度や内容に難があるためアクセス数を稼げないのです。

 

 

インターネットの世界で収益を伸ばす最も重要な鍵は「アクセス数」です。現実社会でも人が集まる場所にはお金も集まります。これと同様のことがインターネットの世界にもあてはまるのです。

 

 

Twitterのような収益をあげていない企業の上場があれほど注目されたのは、ひとえにその人を集める力によるものです。また、2014年にFacebook CEOのマーク・ザッカーバーグがWhatsAppを約1兆6000万円(160億ドル)で買収した際にも、「現在の収益などは問題ではなく、人が集まる所には収益が後からついてくる」という趣旨のことを述べています。

 

 

それほどまでに、”人が集まる”ということは収益化において重要なことなのです。このためサイト運営者は、自分のサイトのアクセスアップに血眼になっています。アクセス数の指標はページビュー(PV)が代表的です。PVを稼ぐためにサイトの更新頻度を上げたり内容を向上させたりしています。

 

 

さて、アクセスを集めて、それを収益に結びつけるためどうすれば良いのでしょうか?代表的な方法は下記のごとくで、難易度は①→③の順に上っていきます。

 

 

  1. アフィリエイト(紹介ビジネス)
  2. ネットショップ
  3. 情報コンテンツ販売

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター