ネットショップの代表はアマゾンや楽天ですが、「ネットでモノを販売するサイト」と定義できます。ネットショップを運営することはインターネットビジネスをする者にとっては最終目的地のひとつとなっています。

 

 

アマゾンや楽天で購入したことがある方なら仕組みをだいたいご存知だと思います。ショッピングカートや商品管理の仕組みを自分で作ることは大変なので、現在では下記のような手段が採られることが多いです。

 

 

  1. レンタル・ネットショップ
  2. ショッピングモールに出店
  3. ネットオークション
  4. ネットショップ作成専用ソフトを利用
  5. 無料レンタルサービスを利用

 

 

①が最もメジャーでお勧めの方法です。実は管理人もネットショップを運営していますが、買い物システムや注文処理ソフトを全てパッケージ化されているので、IT知識があまり無い管理人でも問題なく運営できています。 

 

 

②は事実上、楽天市場とヤフーショッピングでショッピングモール市場を独占しています。2013.10.7にヤフーショッピングは初期費用・固定費・売上ロイヤルティが全て無料(!)という変更がなされてネット業界に衝撃を与えました。

 

 

これに対して楽天は初期費用・固定費・売上ロイヤルティは有料ですが、集客という観点からは楽天市場に分があります。いくら無料で出店できても売上が立たなければ意味が無いので、ネットショップを大きくしたい場合には現時点では楽天市場がお勧めでしょう。

 

 

③は厳密にはネットショップではないかもしれませんが、ネット上で物品を販売すると言う点でネットショップに含めました。④はITの知識が必要なこと、⑤はサービス継続性の問題があり、それぞれあまりお勧めできません。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター